So-net無料ブログ作成

exoメンバー人気順日本! [EXO]

こんにちは、東方神起、韓流大好きのまつです。

[スポンサーリンク]


本日はexoメンバー人気順日本!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は絶大な人気のexoの日本でのメンバー人気順について書きます。

ExoはSMエンターテインメントとしてはSJのように大世帯のグループで、その圧巻のクオリティーに、日本デビューもしていない状態なのに爆発的需要を生んだ奇跡的グループです。

東方神起やSJとも直属の弟分としてよく絡められます。また、exoの今までにない新しい要素としましては、メンバーの構成員が中国の方も多く、その人気順は国によって分かれる所がありました。

ただし、現在では相次いで中国人メンバーが脱退した時期がございまして韓国人メンバーがほとんどになり、また様相が変わりましたね。

それでも、今回は日本目線でexoのメンバー人気順を見ていきますが、もともとのコンセプト通り、グローバルなアーティストという雰囲気はあります。

ここが日本のアイドルとは一線を画した部分でして。

日本では味わえない感覚で応援する事もできるのですよね。そもそもグループ名である「exo」の意味が、未知の世界のスターといった意味合いで、太陽系の外惑星exoplanetから取っております。

例えばメンバーそれぞれが火や稲妻といった特殊能力を持っている設定になっており、この意味でも今までにない新しいSMエンターテインメントの挑戦とも言えそうです。

ではさっそく本題の、exoのメンバーの日本での人気順をご紹介していきます。

Exoは書きましたようにメンバーの人数もsjのように多いですし、少人数のグループよりも余計にメンバー人気順が気になってしまいますよね。

もちろん、その時々の状況でメンバー人気順は変動もしますので、あくまで今までの統計的な情報としてのご紹介にはなるのですが、ぜひそれぞれでご参考になさってみてくださいね。

exoメンバー人気順日本.jpg

exoはまだ東方神起などと比較しますと日本での歴史が浅く、ブレイクも急にしたためにここまで一気に有名になったのですが、そもそも書きましたように正式な日本デビューもまだです。

よって、こつこつと積み重なった人気順などの統計が、洗練されたデータとしてはまだ出せない所がございます。

日本において絶対的にこの人がexoの人気順で上になっております、などと決めるのはまだ早計とも言えるのですね。

現状日本での人気順を知る手がかりになる情報源と言いますと、exoは正式デビューをしていないというのもあって、ネットでのものが多くなりますね。

しかし昨今のネットの世の中ですから、ここでの検索人数や人気投票結果などは、かなり参考になります。

exoは日本でもこれからも活動を応援できますので、これからさらにだんだんとexoメンバーの事も認知されていき、データも安定してくるでしょうね。

では参考になります情報として、まずは一つexoメンバー人気順について、デビューしてからあまり時間の経っていない頃の、ツイッターでの順をご紹介いたします。

少し前の日本のデータになりますが、14年の春前頃のものです。日本のツイッターにおける二千人以上の投票者の中でのexoメンバーの人気順結果ですね。

それによりますと、一位から順に、ベッキョン、ルハン、タオ、チャニョル、セフン、カイ、ディオ、シウミン、レイ、チェン、スホ、クリスとなっておりました。

なぜあえてこの少し前の日本のデータを出したかと言いますと、現在脱退されているメンバーのいた頃の状態も観ていただきたいためです。

残念ながら、この中でのルハン、タオ、クリスに関しては先ほど書きましたように、exo中国人メンバーが相次いで脱退した際に辞めてしまっております。

時期的にこのデータの出た直後の頃からちょうど脱退が始まり、その前の最後の統計と言っていいでしょう。ここで特にルハンとタオがかなり上位なのが気になりますね。

SMも強力なカードを失ったと単純に考えていいのか、何かこれにもわけがあるのでしょうか。

最初に辞めているのがクリスなので、その彼が最下位なのも何か意味深な感じがしますね。

さて、ではまた少し時を進め、今に近い時期のランキングはどのようになっているのでしょうか。

これが、ある日本のサイト発での16年内の四千人から七千人ほどの方によるexoメンバーの人気順統計に参考になるものがございまして、そこでは何度か投票を行っているのですが、

総じて言いますと、一位から順にチャニョル、ベッキョン、ディオ、シウミンは毎回この結果になっており、固く根強いのがわかります。
[スポンサーリンク]


ここまでで先ほどの14年の日本のデータと合わせてみますと、ディオとシウミンは出世したといった所ですね。

ちなみに、この四名以降のexoメンバー人気順で言いますと、総じて言いますと、セフンかレイがすぐ下に来ます。

カイが16年の最初の頃はこの二名よりも上に来る事もあって、そこからなぜか落ちて、以降はずっと下の方になってしまっております。何があったのか、原因はあったはずです。

総じて常に最下位になってしまっているのがスホで、そのすぐ上に、16年の途中からはカイが常に来るようになり、

もともとワーストがチェン、スホとなっていたのが、チェン、カイ、スホとなるようになっておりますね。

この雰囲気は現状の日本でもあまり変わっていないようです。

だいたいこのような結果で16年の日本のデータはまとまっておりますね。

となりますと、14年の日本の結果と比較しますと、ディオとシウミンが時間と共に出世したのに対し、最も落ちてしまったのはカイでしょうか。

カイは14年の段階の日本でもともと中くらいの順におりましたので残念な気はしますね。

逆にディオは他の所ではさらに上の順になっている事もあり、最も出世したのは彼と言っていいでしょうね。

何にしても、exoのメンバーもみんな人間ですし、ペンも人間です。

人間関係は常に生き物のように動きますが、彼らの人気投票なども同じなのです。

繰り返しますように、結果は結果ですが、exoはみんなまんべんなくペンがおり、投票は僅差です。

あくまでデータとしてはこのようになっておりますが、あまり気にせず好きな方のペンを続けるべきです。

さて、ここまでの日本でのexoメンバー人気順を見ますと、当初の頃からあまり大きくは動いていないのは感じますね。

彼らもいろいろとございましたが、そこまで大きな事件などはないためかもしれません。

exoメンバーの人気順日本.jpg

例えば、東方神起やビックバンなどですと、日本での人気も大きいですが壮絶な話題もあって、いろいろと日本でもバッシングなども顕著です。

もちろんexoもこれだけの日本での人気ですのでアンチもおられますが、比較的安定感のあるグループのようには思いますね。

唯一安定しなかったと言ってもいい大きな出来事と言いますと、やはり脱退でしょうか。

せっかくexoはグローバルに中国人メンバーもたくさんおられる、というような状態でしたが、まあ、現状を見ますと結果、辞められた方々も後悔はされていないようですので、

かえってペンとしてはいいのですが。その方のペンとしましては、やはり一番は当人が気持ちよく活動していただきたいですからね。

さて、この結果に対して個人的にはどのように思いますでしょうか。

納得できる、できない、いろいろとあると思います。

例えば、先ほどの14年の日本のデータは、ツイッターによるものでしたので、使用している方の傾向などによるギャップももしかしたらあるかもしれませんね。

例えば、ある時のネットでの検索数のランキングで言いますと、

タオ、カイ、レイ、チャニョル、セフン、チェン、ベッキョン、シウミン、スホ、ディオとなった事もあり、何だかよくわからなくなってきますね。

しかしこれはあくまで検索数に過ぎませんので、違う名前で検索されればカウントされませんし、何か話題になった時に伸び、しかしそれが人気順に影響のある事とも限りません。

まあ、ご参考までに、ですね。

今回の結果につきましては、例えば日本のexoのトレカの希望などを見ましても、順として比較的名前の出やすい方はやはり上位にいる方なのは確認できます。

後はそれぞれの体感として感じてみてください。

さて、ここで少し余談ですが、人気も安定していて、先ほどから書いておりますように、相次いで辞めてしまった中国人メンバーの最後の一人としての、レイについて。

彼に関しては個人的に感動的なエピソードがあり、
[スポンサーリンク]


なぜレイがexoを辞めないのかと言いますと、もちろん辞めたい前提ではないですが、理由として自分と同じように韓国でデビューしようとしている中国の方もおられるわけなので、

exo最後の自分は辞めるわけにはいかない、といった旨の事を語っており、感慨深いものがございますね。

そこまで考えているとは、かなり大人ですよね。この大人な所が、順を見ましても安定感を生むのかもしれません。

そのように、中国人メンバーが一気に少なくなるという事態を乗り越えてきたexo。

皮肉な事に人気順としてもexoは中国人メンバーの方々がけっこう上位にもおられ、もったいない気もします。

辞めてしまった元メンバーの方々は、やはり今でも人気が根強く、たびたびニュースなどでも見るほどです。

このように中国の方が混ざっていたりと、韓国、中国両方で人気になる事を考えていたexo。

現に韓国中心で活動するexo-kと中国中心で活動するexo-m(シウミン、レイ、チェン)とさらに細分化もされておりました。

よって、韓国での人気順、中国での人気順などでも順に違いが生じるのですが、こういった現状を比較して観るのも面白いので、ここからは韓国などの、exoメンバー人気順データも見ていきます。

一つ余談ですが、この点exoは日本人メンバーはおられないので、日本のメンバー人気順統計データが最もフェアな目線とは言えるかもしれません。合わせてご確認ください。

まず韓国でのexoメンバー人気順データですが、先ほど14年の日本のツイッターでの順の結果がございましたが、ここに同じく14年の、韓国のKOLON SPORTというHPでの順の集計もございます。

その結果で言いますと、一位からシウミン、カイ、チェン、セフン、チャニョル、レイ、スホ、ディオ、タオ、ベッキョンとなっております。

同じく日本の14年の順と比較しますと、けっこう違いが見えますね。

まず、一番順として気になりますのは、日本でexoメンバー人気順一位だったベッキョン、ルハンを抜かせば二位だったタオが、

exoメンバーの人気順と日本.jpg

韓国では最下位ベッキョン、その手前がタオとなっているというもので、この順は明らかに何かありそうですね。

日本と韓国はライバル国ではありますから、日本を支援するか韓国を支援するかなどそのような関係で何かあるのかもしれません。

また、日本ではそこまで順が上位ではなかったシウミンとカイとチェンがexo内で上位なのも、何かあるのかも。

そして、逆に日本でも韓国でもおかまいなしに下の方の順位なのがスホでしょうか。

何にしてもexoメンバー人気順に大きな違いが見受けられますので、その理由を分析してみるのも面白いでしょうね。

そして中国は、全体的に言いますと、やはりexoの中国人メンバーを順として大事に考えているのがわかり、

例えばルハンがいた頃は彼を筆頭に、順にクリス、レイというような、そのような順になっていたようです。

やはりせっかくのexo中国人メンバーですからね。

もしまだ脱退せずにいれば、同じように順で人気はあったかもしれません。

確かに、我々に置き換えてみましても、もしexoに日本人メンバーがいれば、順として気にはなりましたよね。

やはり国籍は大事のようですね。ここでは深くは追及いたしませんが、exoは中国人メンバーばかりが順に脱退したのも、何か意味があるように感じざるを得ません。

さて、exoの日本などのメンバー人気順はいかがでしたでしょうか。

繰り返しますように、今回のメンバー人気順の記事も、今の段階ではこのような順の分析になった、という事に過ぎず、

もちろんペンそれぞれで好きなように好きな方を愛すればいいですし、順に差があると言いましても僅差に過ぎません。

Exoは本当に一人一人がしっかり人気で、バランスがいいです。

それがexoが日本でもうけた要因でもあるでしょうね。このような事は数字で決められないものがございます。

それぞれしっかりと心でexoを受け取り、好きなように愛していきましょう。これからもずっとexoがメンバー同士まとまって仲良く頑張っていっていただきたいです。

さて、本日はexoメンバー人気順日本!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]