So-net無料ブログ作成

東方神起ビギストとカシオペアの意味由来!

 東方神起のユノとチャンミンと韓流大好きブログ 

東方神起ビギストとカシオペアの意味由来! [東方神起]

こんにちは、東方神起、韓流大好きのまつです。

[スポンサーリンク]


本日は東方神起ビギストとカシオペアの意味由来!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は東方神起のファンクラブであるビギストとカシオペアの意味由来について書きます。

ビギストとカシオペアの名前自体は聞いた事があっても、厳密なその意味由来をまだ知らない方はおられるかもしれません。

まずビギストとは日本における東方神起のファンクラブ、カシオペアとは韓国における東方神起のファンクラブです。

今のところ東方神起の公式ファンクラブと言えば世界にこの二つしかありません。

世界中にファンのいる東方神起ですが、それを支えるファンクラブが世界にこのビギストとカシオペアの二つしかないというだけでも感動してしまいますね。

このビギストとカシオペアのファンクラブの合計人数でギネスも取った東方神起。

ではその奇跡的な世界に二つのファンクラブの真の意味由来とは何なのでしょうか。

ではさっそくですが、まずはビギストから。まずビギストとは英語表記にすればBigeastになります。

これだけでは何の意味由来があるのか不明ですが、これはある造語です。それが、Bigとeast、つまり東を掛け合わせた意味由来なのです。

東方神起ビギストとカシオペア意味由来.jpg

何となくそれだけでも東方神起の日本のファンクラブだという意味由来がうかがえるものですが、

正式に公開されている意味由来の解説からしますと、韓国の東にある日本から大きな力をください、一緒に世界で一番のファンクラブにしましょう、

そのような意味由来で東方神起メンバー中心で決めたものだとしております。

東方神起メンバー中心で決めてくれた意味由来だというのが嬉しいですよね。

実際にビギストのある日本を拠点に活動した彼らですから、この意味由来にかけた思いは正直なものだと思います。

この日本での活動の実績によって世界に通用する神がかったグループになったのは間違いないでしょう。

それにしてもビギスト、今でもたくさんの会員の方で支えられているのですが、日本本国のアーティストのファンクラブ並みに、いまだに賑わっているのは驚異的なものを感じますね。

ただでさえ兵役などもあって一度第一線から引いている時期もあると言いますのに、それを変わらないテンションのまま温存できると言うのは。

そこは日本人の一つのものを強く愛し続けるという想いが出ている場面とも思いますね。

さて、では続いてカシオペアの意味由来を見てみます。

ビギストは二つの単語を合わせた造語でしたが、カシオペアはそのままですとあの有名な星座の名前ですよね。

しかしそれがトンとどのような意味由来の点で関わるのでしょうか。このカシオペアの意味由来はまた面白く、覚えれば人に話したくなるような作られ方をしております。

まず東方神起はTV(f)XQと表記しますね。これは、Tong Vfang Xien Qiのイニシャルを繋げたものです。

そしてポイントになるのは、このイニシャルの五つの単語です。

この位置をキーボードで確認してみてください。それが、W型で、カシオペア座の形になるという意味由来だったのです。こちらのカシオペアの意味由来もメンバー、事務所で考えたそうです。

東方神起ビギストとカシオペアの意味由来.jpg

いかがでしょうか。なかなかストレートなネーミングではなく、少々ひねった意味由来で味があっていいですよね。

これなら確かにギネス記録を取って世界に知られても全く恥ずかしくないです。

さて、このような意味由来でビギストとカシオペアは成立したのですが、どうしても二つありますので、何が起こるかと言えば、比較される事があるという話題です。

簡単に言えば、例えば当のトンはビギストとカシオペアのどちらが大切なのかとか、そういった物議がどうしても起こってしまうのです。

我々としても、トンがビギストが大事ともカシオペアが大事とも言いますので、混乱するのもわかります。

しかし、よくよく考えれば、別にビギストとカシオペアどちらが大事で、という順序がトンにあるとは思えません。

実際に、かなり有名なのですが、チャミが以前同じようにビギストとカシオペアのどちらが好きかと質問された事があり、かなり粋な回答をしておりました。

それが、あなたは父と母どちらが好きなのか、というものです。

頭のいいチャミらしい機転の利いた返しにまず感動してしまうのですが、よくよくこの言葉の意味由来を考えれば、実にその通りだと思えます。

まずそのままの意味由来で普通、父と母のどちらの方が好きで大事で、といった順序はつけられるものではありません。

どちらも同じくらい好きで大事だからです。

つまりはチャミもそのような意味由来からの答えを言いたいわけなのですが、ここでいいなと思うのが、父と母に例えたという点です。

父と母と言えば、自分たちを生み出した存在、という事になりますが、まさにトンにとってのビギストとカシオペアはそのような存在なのです。

確かにペンがいるからこそ活動できる、活動が伸びるというのはわかりますが、彼らのペンを何よりも大切にする姿勢には学ぶものが多いです。
[スポンサーリンク]


どのような有名な方でもファンの事はありがたいと思っていると思いますが、ここまで常に低姿勢なのは貴重です。

日本人としては、偏見もあるかもしれませんが、韓国の方は押しが強いといったイメージもあるかもしれません。

しかし、トンは見事にその真逆であり、世界的にも最も謙虚とも言える日本人でも驚くほどの礼儀の良さです。

チャミとユノは、「東方神起」のビギストとカシオペアをそのままに守るために、メンバーの過半数が脱退してもそのまま活動を続けると、あの大バッシングの中決めた英断を見せました。

JYJもトンではなくなりましたが、自分たちを応援して支えてくださるペンにはかなり誠意があります。

ビギストとカシオペアの意味由来として、この父と母、というワードも非常に大切にすべきものだと思います。確かにその通りです。

そういえば、ビギストとカシオペアにおける大きな動きのあった時期と言えば、やはりあの脱退騒動の時は揺れましたね。

ホミンが悪いともJYJが悪いとも決められないモヤモヤした脱退騒動でしたが、

一人一人に様々な想いを持ったペンがいるわけで、もうビギストとカシオペアもかつてとは違うとして脱退を決意する方も多かったのです。

ペンがどのような在り方をしようとも自由です。

しかし、五人のビギストとカシオペアでずっと団結して来ていたので、寂しい気持ちはしましたね。辞められた方はもっとでしょう。

東方神起ビギストカシオペアの意味由来.jpg

それでも、あれがあったからこそさらにビギストとカシオペアの団結は強くなったとも言えます。

人の人生ですから何が起こるかわからないので、このような事もあるという事です。少なくともビギストもカシオペアも無くなる事は避けられて本当に良かったです。

ビギストとカシオペアの存在する意味由来として、このギネスを取るほどの大きなファンクラブなのにメンバーの分裂騒動の荒波も乗り越えてきた、という点は非常に大きいと思います。

具体的な意味由来は上に書きましたようなものですが、今度の意味由来というのは、その存在そのものから学び取れるもの、という視点です。

人は何を大切にして、どのような道を進むべきなのか、その意味由来は人によって様々です。

しかし意外とそういった物事の意味由来というのは、大切ですが何気なく人生を過ごしてしまう事が多いのは事実です。

ところが、ちょうどビギストとカシオペアのペンをしていた方からすれば、ただそこにいればいいだけではなく様々な事があったので、

そういった「生き方」の意味由来を、自分の人生とも照らし合わせて考えるという貴重な機会にも恵まれたのです。本当にビギストとカシオペア、彼らから学べるものは多いです。

さて、本日は東方神起ビギストとカシオペアの意味由来!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:音楽