So-net無料ブログ作成

東方神起のユノとチャンミンと韓流大好きブログ過去ログページ

 東方神起のユノとチャンミンと韓流大好きブログ 

過去ログページ

JYJユチョンの性格! [ユチョン]

こんにちは、東方神起、韓流大好きのまつです。

[スポンサーリンク]


本日はJYJユチョンの性格!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回はJYJユチョンの性格について紐解いていきます。

JYJユチョンがどのような人物なのか、に関しては、一言で説明するのも難しく、そのミステリアスな魅力で常に多くのペンを虜にし続けております。

その言動や行動が自由でとらえ所がない部分も多いので、よくJYJユチョンはどのような性格なのかと質問されている方も見ますね。

彼に関して、ペンの間でも昔と変わったなどの意見もあり、ますますその性格がよくわからなくもなっているようです。

そこで、今回は東方神起時代も含め、JYJユチョンの性格に関して分析する助けになるような内容になればと思います。

一体JYJユチョンとはどのような人物だったのか、初心に帰って考えてみましょう。そうなりますと、性格を分析する参考に、JYJユチョンの好きな女性のタイプを軸にしてみるのはおすすめです。

好きな異性のタイプを知れば、その方の性格の真髄がわかりやすいです。特にJYJユチョンのような素直な性格の方はそのままに好きなタイプに関しても回答するでしょうし。

ではさっそくですが、ここまでのJYJユチョンの好きな女性のタイプはどのようなものだったのでしょうか。

JYJユチョンの性格.jpg

すでにご存じの方もおられるかもしれませんが、改めてJYJユチョンの性格をよりよく知るために再確認する場にできればと思います。

まずはJYJユチョンの根本的な女性のタイプについてなのですが、おおまかに言いますと年上好みな所はあるようです。

これに関しましては、JYJユチョンの好きな人間のタイプとして、女性はもちろん同性でも当てはまる事のようですね。これには、彼の自由な性格が影響しているように思います。

要するに、年下の面倒を見るよりも、年上からの包容力との相性がいい、やんちゃで可愛い弟のような性格を持っているという事です。

例えばかつての彼のインタビューで、中学の頃から働いていた関係もあり、常に周りが年上の大人だったというものもあって、単純に慣れているというのもあるでしょう。

よく我々でも、年下が得意、年上が得意、のように考える事がございますが、JYJユチョンの場合は基本が年上得意な性格なのです。

確かに納得ですね。年上が得意と言う事は、芸能活動をする上でも、目上の方に気に入られるのも得意という事で、お得です。

上の方とのいい関係性を作るのが上手いからこそ、ここまで来られたという側面もあるのかもしれません。

好きな女性のタイプに置き換えますと、大人の落ち着いたお姉様、といった方が理想になるのでしょうか。

具体的にJYJユチョンの口から話された好きな女性のタイプについて箇条書きしていきますと、料理ができて家庭的、暖かい方が好きと語られた事がございます。

そして前のインタビューでは、作っていただきたい料理は、豆腐の味噌汁など家庭料理、というように回答しており、求めるものが庶民的な生活という事もわかっております。

これはJYJユチョンの性格を知るのに役に立ちますね。

スターだからと言って、別に豪華で優雅な暮らしを求める、という事ではないのです。

もしかしたら、この庶民に近くて質素な発想を持っておられる部分に、どこか共感も抱けて彼の事が好きになってしまうのかもしれませんね。

JYJユチョンは、もともとそこまで派手好きでもなく大人しい性格でした。

前の性格に関してわかります情報で、デビュー当初大人しく内向的にしていたら、テレビのスタッフなどから誤解され、逆に調子に乗っているなどと思われたというエピソードもあったそうです。

そういった過去があり、JYJユチョンは意図的に明るく振る舞うようにしていったとの事ですね。

なるほど、そうなりますと、確かにJYJユチョンの性格に関しての混乱の原因の一つがわかるような気もしますね。
[スポンサーリンク]


つまりは根本的な性格には上記のような、大人しい部分があるのに対し、芸能界の荒波で生きていくためにあえて変えていった部分もあるという事ですね。

やはり芸能界、そう簡単に生きてはいけないのですね。

JYJユチョンの性格の場合は、今でも根本的な部分は変わっていないように思いますが、人の性格が変わってしまう、あるいは変わって見えてしまうような要素はあるようです。

では好きな女性のタイプの話題に戻りますが、JYJユチョンは一緒にいても気が楽で落ちつく相手、また、自分だけを想わなくても、仕事も趣味も夢中になる相手が理想とも語っており、

これもまた、JYJユチョンの性格を紐解くのに核心をついている内容だと思います。

ポイントとしては、相手を束縛したくもないし、されたくもないといった意志が見えるという所。

何気なく一緒にいられるという気楽さが大事で、相手の自由な人生も尊重しているという事です。

これは、JYJユチョンの性格を分析する上では、つまりは自分の事もそのようにして欲しい、という気持ちの裏返しのように思います。

JYJユチョンの性格は、自分が自由に生きたい、そして相手も自由に生かしたい、というもの。だとすれば、確かにその性格を知ろうとしました時、解釈が難しいですね。

こうした性格の方は、一見すけば自分勝手にも見えますが、実は相手の事も一番に考えている側面もございます。

逆に自分が自由に生きる願望よりも相手に依存するようなタイプですと、一見すればいい性格のようですが、かえって重くなってしまう事もございます。

このように考えますと、人間の性格というものは、非常に良し悪しが難しいものだとわかりますね。

さて、いずれにせよJYJユチョンの性格は、女性のタイプなどから見て見ますと、一言で言えば自由人のような方、という形にはなりそうですね。

確かに例えば現在のJYJユチョンの性格を評価する声として、昔と違って自由にしていて良さそう、前の集団行動よりも今の方が合っている、といったものもございます。

最も、あの5人時代の事が絡んでいる時点で、あまり言うべきではない話題でもありますが。前に少し問題にもなったのですが、

JYJユチョンがツイッターで3つある星の画像を上げつつ、自由になりたいのならば、翼を捨てようと言った一件、

また、分裂後の最初の頃の仕事に関して、初めてやりがいを得たと語った事など、いくつか問題として話題になったエピソードもございました。

JYJユチョン性格.jpg

あの分裂騒動の傷跡はまだまだ大きいものなので、どうしても何を言ってもマイナスの方向に捉えられがちです。

しかしながら、JYJユチョンの性格を知れば、また、昔ながらのペンの方であれば理解できる部分もありますね。

JYJユチョンは本当に自由な性格をされております。

よってこのような問題になるような発言などをしてしまう事もあります。

しかしながら、そこにネガティブな感情があるかどうかも自由人的と言いますか。

良くも悪くも、このようになってしまうのはJYJユチョンの自由人気質の結果に過ぎず、必ずしも悪意とか、そういった負のものではないとも思えるのです。

つい分裂騒動を思い出し、いろいろと否定しそうになりますが、ご本人も別に直接5人時代の事を捨てる、という事を言っているわけでもございません。

失言ではございますので、問題視されるのもしかたがないでしょう。しかしながら、そこからJYJユチョンの人格そのものも否定するのは早計です。

真意はどこまで行ってもJYJユチョン本人にしかわかりませんし、不毛な争いなのもわかっておりますが。

例えば、上記のような問題にも際し、一部の方によるJYJユチョンのファン離れもあるにはあるようです。

そういった方からすれば、少しずつ気持ちが離れていき、無に近い状態になってしまったとかも。

まあ確かに、良くも悪くも、JYJユチョンはホミンなどに比べますと、「東方神起」に思い入れが強くて活動しているタイプではありませんでしたね。

どのように思おうと自由で、嫌なら離れればいいですし、好きならばついていけばいいので何とも言えない部分ですが、

今回の彼の性格を知るための情報、という見地からしますと、この事実も非常にJYJユチョンの性格を知る糧になりそうですね。

やはり束縛といったものは苦手のようです。

ではここからは、せっかく彼を知るために女性のタイプに関してを軸にしておりますので、外見的な好みの事も見ていきます。

外見として、前髪はなく肩よりも長い黒髪で、パーマやラフに結って似合う相手、白い肌でホクロがなく子犬っぽい顔で、セクシーな中に可愛さもある方、

二重で眼鏡はしておらず、身長は百六十五センチ以上で恰好はパンツスタイルで足のサイズは二十四センチ以下、というように細かく語られた事がございます。
[スポンサーリンク]


ここまで情報が出そろっておりますと、本当に具体的に視覚化できそうですよね。

ちなみに具体的に有名人ではキム・テヒが好みのようです。

まあ外見の好みは人それぞれですので、これに関しては性格と絡めても何とも言えない部分もございますが、一応公開いたしました。。

他にも女性の好みに関しましては、西洋的でいて東洋的とか、母と仲良くできるとか、ぶりっ子ではなくナチュラルな相手がいいとか、そういった発言もありましたね。

また、整形していない相手がいいと語った事もあり、これに関しては、時間が経過する中で次第に整形していてもいい、という意見に変化した要素で、

自分はしていないので子供に自分の面影があればいいとの事でした。

この好みの変化の部分に関しては、同時にJYJユチョンの性格も変化していっているのか、とも考えてしまいます。

もし仮に好みのタイプと性格が一緒に変化しているとすれば、この整形の一件に関しては、より自由さを求めるようになった、とも取れますね。

何にせよ、もともと相手にも自由を求めるタイプでしたが、もしかしたらそれもだんだんと強さを増しているのかもしれません。

彼の好きな女性のタイプとしてよく出てくる情報に関しては、大きいものはだいたいこれで以上となります。

いかがでしょうか。何かしら変わったとも言われます、解釈の難しい彼について理解に近づく事はできましたでしょうか。

彼はいろいろな要素が織り交ざっているので一概にこのような人物、と判断する事は難しいかもしれませんが、何にしても自由で掴みどころがない方、というのは言えますね。

JYJユチョンと性格.jpg

彼のペンとしましては、そういった部分が好きなのですが。

分析しますと、彼は猫のような性格を持っていて、何にでも素直に関わるという、性格に表裏がない魅力もありますが、その反面気まぐれな性格過ぎる、というデメリットもある、

といった形なのかもしれませんね。

昔と変わってしまった、というご意見もあると書きましたが、個人的には根本的には変わっていないように思いますね。

ただ、自由さが増している傾向もありますので、それでさらにとらえるのが難しくなっているのかもしれません。

良し悪しで考えますと、本当に何とも言えません。

分裂があったからこそ今の自由なJYJユチョンになれたのかもしれませんし、確かにそのまま東方神起で活動していれば、現在よりも自由さが無かった可能性もあります。

何にしても、JYJユチョンの性格の究極的な分析は、それぞれのペンの方にお任せいたします。

とにかくペンとしましては、できればJYJユチョンには幸せな人生を歩んでいっていただきたい所ですが、皆さんはどのように分析なさいますか。

それぞれの思いで彼を愛し、追いかけていきましょう。

さて、本日はJYJユチョンの性格!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:音楽