So-net無料ブログ作成
検索選択

東方神起のユノとチャンミンと韓流大好きブログ過去ログページ

 東方神起のユノとチャンミンと韓流大好きブログ 

過去ログページ

ユノジェジュンの軍隊の共演! [ユノ]

こんにちは、東方神起、韓流大好きのまつです。

[スポンサーリンク]


本日はユノジェジュンの軍隊の共演!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回はユノとジェジュンの事で大きな話題になりました、ユンジェの軍隊での共演について触れます。

この軍隊での共演のなされた時期は、15年の十月二日から六日にかけて行われた、地上軍フェスティバルでの事です。実際に共演したのは二日の事ですね。

その地にちなんでケリョンの奇跡とも呼ばれるようになったこの歴史的な出来事は、世界中で話題になる軍隊での共演になりましたね。

まずはそのシチュエーションそのものを振り返りましょう。

当時ユノとジェジュンは2人とも兵役の最中でした。

ペンの中でも、二人とも兵役という事で、二人が会う事などの妄想もしたものですが、それが現実になるとは。

ただでさえ今でもユノとジェジュンの密会の噂についてなど、二人を追及する話題はつきないのに、

あの分裂以降、なかなか会う事も難しくなったのは皆さんご存知だったので、このような形で実現するだけでもびっくりなのです。

兵役と言いますと、すでにお二人とも除隊しましたが、軍隊に出かけられた時が懐かしく思えます。

軍隊への出発の際は本当に寂しく、どうなるのかと思いました。韓国男性のペンをする以上、その方が兵役で軍隊に入るのは避けられないと言っていいです。

一部の理由がない限りは、二十九歳までの間に例外なく全員軍隊に入る事になります。

ユノとジェジュンに関しても、だんだんと年齢がボーダーラインに近づくにつれ、いつ行くのか、スケジュールはどうなのかと皆さんで騒いだものですね。

軍隊に行った後も、確かに寂しかったです。ただ、ユノもジェジュンも、軍隊でどのような様子なのか、何度もニュースになってはおられましたので、それがせめてもの救いでしたね。

それに、考えてみますと、現実の軍隊にいるユノとジェジュンの姿など、この時にしか見られません。ペンとしても実に貴重な時間だったのです。

ユノジェジュン軍隊の共演.jpg

そして、今回の話題の中心でもありますが、軍隊の共演の話題など、暖かいニュースにも支えられ。

最も、この話題は簡単に軍隊の共演が嬉しいと喜ぶべきものでもありません。共演して欲しい派と共演してほしくない派、そのどちらも正しいのがわかるからです。

今回は、ひとまずは共演してほしい派の方にとって明るいニュース、という事で読んでいただければと思います。

ユノは東方神起、ジェジュンはJYJになり、今は別々の道を歩んでおりますが、同じ芸能界という世界で生きている事には変わりはなく、

今でも5人時代のユンジェの愛を覚えている方はたくさんおられます。

分裂騒動の際は様々なバッシングもありまして、もう会ってほしくないと考えられる方、ファン離れの動きなども確かにありました。

しかし、もしあの分裂がなく、今でもユノとジェジュンが一緒にいられたとしたら、今でも二人の個性を尊重し、

実際に分裂騒動の時のような多少の価値観の相違はあれど、そこは二人とも人間、非常に親しい二人を応援し続ける方も多かったでしょう。

何にしても結果的には問題になってしまったので、そのような事を言ってもいけませんが。

しかしながら、そのような中だったので、まさか共演という形になるとは思いませんでした。

今回の共演というのは、一緒に曲をステージで披露する、といったものではありませんでした。簡単に言えばユノが司会、ジェジュンがパフォーマンスという形での軍隊での共演です。

そうは言いましても共演には変わりませんし、ジェジュンたちは本当に、裁判の決定や事務所のいざこざから、絶対に公式の場での共演はできなくなっていたので、充分に大きなニュースです。

このような共演を待ち望むペンも多かったわけですが、物理的に無理という状況が続いていたので、皆さん密会の噂などを話しながら、待っていたのです。。
[スポンサーリンク]


この一件、軍隊のイベントでユノとジェジュンが六年ぶりに共演するという事は、少し事前に報道はされておりました。

それを知った時の衝撃は大きかったですね。

今でも大きな話題として残っているくらいですので、多くの方が騒いだ事でしょう。確かにまさかと目を疑いますね。

二人のペンとしましては、ジェジュンたちの共演の妄想をこの六年間ずっと続けてきていたにも等しいですしね。

それにその軍隊の共演の当日、十月二日は、09年に5人で最後のライブを行った日と同じ日なのです。

これは偶然にそうなったものなのか、何か仕組まれたものがあったのか。いずれにしましても、奇跡です。そのように運命が動いたのですね。

特に偶然にこうなったのだとすれば、これは相当の奇跡の日と言えます。

毎回百万人以上が来られるというこの軍隊のイベント、ただでさえ盛り上がるのですが、今回はかつてないほどの歴史的な出来事になりました。

さて、ではここから、その軍隊の共演のまさにその時の事です。ユノはこの共演イベントのMCでした。よって、早くから登場し、ステージにも上がる事になっておりました。

凛々しい青いスタッフのジャンバーで朝早くから来ていたそうです。このようなお仕事に徹底的な所、今までのユノの活動のストイックさも感じられますね。

八時くらいから来ていたようなのですが、軍隊のイベントが始まるのが十時半だと言うのに、すでに多くのペンが彼を待っていたようです。

インタビューでも多くの方が、軍隊においてますます身も心も逞しくなった彼は本当に素晴らしい、

台本を確認する姿など、活動中も常に誰よりも熱心にリハーサルをしていた彼が思い出されるなど、本当に嬉しくなった気持ちを語られておりました。

ユノジェジュンの軍隊での共演.jpg

そうですね、常に人の期待に対して精一杯応える彼。絶対に待っていてくださる方に対して手は抜かないのです。

その姿勢は相変わらずだったという事で、むしろ拍車がかかってきているくらいですね。そう言いますと、軍隊に入った時も初めから、表彰されるような素晴らしい成績を収め続けておりましたね。

さて、さっそく華やかなマーチングバンドの曲で始まり、今回司会をするという彼の挨拶があり、すでにジェジュン登場前から軍隊のイベント会場はものすごい盛り上がりです。

そして何よりもみなさんの待っているジェジュンとの共演のシーンですが、皆さんそれを次第に胸の鼓動を高めながら見守りました。

ジェジュンとの共演になる直前のMCがこれまた卑怯で、みなさん待ち望んでいた事でしょう、自分もリハで観て素晴らしかったなどとユノが言ったのです。

このようにユノがジェジュンに対して前向きな事を言いますと、ますますかつてのユンジェの愛を思い出してしまいますよね。

そして音楽、ダンス、その間奏の際に、いよいよジェジュンが登場しました。

彼はこの軍隊のイベントにおいて歌での参加でした。もう登場してからの会場は、とんでもない興奮状態です。

確かに、ユノのMCも素晴らしいですが、ジェジュンは歌なので、本業での参加です。

ただでさえ彼は歌が上手いと評判で、その歌にかなりの価値があると言いますのに、それがこのような場で突然のように歌われたのです。それも、ユノの前で。

ペンの方々は狂ったように感動してしまっておりました。

そもそも彼の生歌をしばらくぶりに聴けた、というだけでも大きな感動なのに、そこにユノも一緒にいて、共演になっているのです。

ジェジュンは軍隊のステージにて、相変わらずの美声を披露、そしてそれを優しそうにじっとユノが司会者として見つめていたようです。

また、2人の距離は本当に近く、一緒にパフォーマンスしているわけではないにしても、
[スポンサーリンク]


ステージという場においてこのように共演する時が来るとは、事前に報道されてはいたものの、本当に信じられない光景でした。

この二人の軍隊での共演なので、余計に泣けてくるのです。本当にこの二人が、あの六年も共演できなかった、かつての夫婦のようなジェジュンたちなのかと思えば、涙が止まりません。

ジェジュンの歌に合わせてリズムに乗って自然に体が動くユノ。その軍隊のステージを前にしての笑顔がまたたまりませんでした。

よく2人を観察していた方々からすれば、ジェジュンもガッツポーズをしてみせるなどしていたそうで、本当に幸せそうですね。。

そして、去る時も2人とも目を合わせていたと言われております。そして締めに、軍隊での共演を終えたユノが、楽しかった、みんなも楽しかったでしょうと盛り上げてもくれましたね。

本当に素晴らしい奇跡の軍隊でのコラボでしたね。

会場には最初からこのジェジュンたち目当ての方がたくさんで、その2人を応援しにきた席でユンジェ等の文字の書かれたものを持っていたりと、そのような熱いペンであふれていたそうですね。

さて、ユノとジェジュンの記念すべき軍隊での共演はこのように終わったわけですが、この共演、さらに感動する場面がありました。

それが、至近距離でユノとジェジュンが控えのテントで話している光景です。

つまり裏では、密会というほどでもないですが、普通に会ってもいたそうなのです。確かに先ほどユノもリハでも良かったなどと語られておりましたが、司会と演者が何も話さないのも不自然です。

目撃していたペンの方からしますと、握手をした、ハグをした、腕をぽんとやったなど、いろいろな情報がございます。

それも、一緒におられる所は割と鮮明な証拠写真でも残っており、その噂の信憑性をより高めております。

仮にユノたち二人が裏でしっかりと会っていたとしますと、このように堂々と軍隊ですが共演でき、お話もできたのは本当に六年ぶりだったかもしれません。

噂ですと、ユノの父と母、ジェジュンの父も一緒で、親御様への挨拶もしていたそうです。

ジェジュンもユノもそれぞれのお父様に挨拶をする姿などは多くの方に見られたようで、恐らくこれは事実なのでしょう。

ユノジェジュンの軍隊の共演.jpg

ユノはジェジュンの姉に声をかけてもいたとされております。

また、噂ではユノがジャンバーを置いて行ってしまったジェジュンの、それを持っていたともされており、後から直接渡したのかもしれません。

何だか本当に夫婦さながらのユノとジェジュンで、本当に昔を思い出して泣けてきますね。

さて、いかがでしょうか。これが今の所わかっております、彼らの軍隊での共演のエピソードですね。

それにしても、これ以上ないと言えるほどの軍隊の共演でしたね。

いくら共演と言いましても、ちらっと同じ場に一瞬いただけ、といったものもあるかもしれませんし、ここまでしっかりしたエピソードはすごいと思います。

今回のユノとジェジュンの軍隊での共演は、ステージという場での共演でもあり、家族間レベルのご挨拶などの、内側の共演もありましたね。

それも、話によりますと、やはりものすごく自然に一緒にいると言いますか、この自然体の、お互いにみんなが家族のような雰囲気が、余計に感動を呼びます。

繰り返しますが、あの分裂以来2人は堂々と一緒にいる事も難しくなっております。

それが、このような場を設けられた事、本当に奇跡です。

2人ともちょうどこのタイミングで、兵役をしており、軍隊にいたからこそのステージだったわけで、共演を望む気持ちのあった方でも、これは予想できないサプライズでした。

むしろ普段のステージ以上に感動させられたといった方もおられたでしょう。今回はそのようなユノとジェジュンの軍隊での愛の触れ合いについてでございました。

さて、本日はユノジェジュンの軍隊の共演!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:音楽