So-net無料ブログ作成
検索選択

東方神起のユノとチャンミンと韓流大好きブログ過去ログページ

 東方神起のユノとチャンミンと韓流大好きブログ 

過去ログページ

東方神起最後の紅白歌合戦! [東方神起]

こんにちは、東方神起、韓流大好きのまつです。

[スポンサーリンク]


本日は東方神起最後の紅白歌合戦!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は東方神起の最後のステージとなりました、日本の紅白歌合戦に関してです。

最後のステージも日本という事で、どこまでも日本のために頑張ってくださったという印象の東方神起。

この最後の紅白歌合戦は09年のものですが、08年にも紅白歌合戦に出場しており、非常に惜しいと思ったペンの方も多かったです。

今となりましては、もはやトンとJYJは全くの別物、という事で、お互いにアンチ化もしていたりしますので、迂闊に再結成してほしいといったお話もできない状況になっております。

個人的にも何とも言えない状況ですね。

ただし、この最後の紅白歌合戦までの間の5人の活動が今でも続いているとすれば、このようなペンの分断も無かったかもしれませんし、

東方神起最後の紅白歌合戦.jpg

そこまで愛されているのがわかりますから、最後の紅白歌合戦当時は悔やまれたのがわかりますね。

この最後の紅白歌合戦の際の様子などについては、今でも多くの5人のペンの方からの関心を寄せており、調べられている方も多いです。

あれからすでに何年も経過しているのにこの様子ですから、やはり相当に大きな話題だったのがわかります。

当時の最後の紅白歌合戦の映像なども残っておりますので、ぜひご興味があれば観てみてください。

ここでは、最後の紅白歌合戦を取り巻きます事実を確認して、より現在までの東方神起たちの理解を深めるための分析をしていこうと思っております。

さて、最後の紅白歌合戦に関して、やはり多くの方が興味を持っているポイントは彼ら5人の様子だったと思うのですが、中でも最も様子の変化について言われたのが、現トンのチャンミンです。

同じ現トンとしてユノに関しては、パッと観た感じはさほど普段と変わらない雰囲気だったと言われておりますが、それでも悲しそうだった、なども様々言われており、

それでも比較的目立たなかったのは、チャンミンの明らかな様子の変化があったからでしょう。

チャンミンは最後の紅白歌合戦のステージに上がってきますと、明らかにその様子がやつれて病んだ雰囲気になっており、その瞳は虚ろだったなどと言われております。
[スポンサーリンク]


確かに、普段のそうではないチャンミンを知っていればいるほど、この様子の変化には気がつけます。何でも、あの最後の紅白歌合戦の舞台裏の様子も暴露されているようで、

そのお話によりますと、初めにJYJの三名が普段と変わらない、東方神起の時と何も変わらない雰囲気で談笑したりしていたのですが、後からホミンが来ますと、一気に静かになったそうです。

当然ながら、終始JYJの三名とホミンは顔を合わせる事もありませんでした。

それでも、最後の紅白歌合戦のステージ自体はきちんと最後の曲、「Stand by U」を歌いきっており、

かつてのように一緒に仲良くリハーサル、などもできなかったでしょうに、しっかりとされていたのにはかなりの能力の高さやプロ根性を感じますね。

舞台裏のお話では、チャンミンはどうすればいいのかわからない様子で、涙を浮かべ、手をこすったり腕を組んだりしていたそうです。

後のインタビューでチャンミンは、この紅白歌合戦に関して、腹立たしい思いをした、と語っておりました。

確かにチャンミン、後にJYJの事などを聞かれた際にも、ユノはある程度元気でやってほしいなどのコメントはしましたのに、ノーコメントだった事もありました。

そこには確かな怒りもあったのでしょう。

東方神起最後紅白歌合戦.jpg

やはり同じインタビューでも、メンバーみんなで日本で新人からスタートして苦しんでようやく成功できたと思った所で、最後にはこの紅白歌合戦で腹立たしい思いをするとは悲しいと語られており、

客観的に見ましてもそう思いますので、当の彼であればそのショックは凄まじいものだったでしょう。

ただでさえチャンミンは、どちらかと言いますと、言いたい事も本来であればバシバシ言いたいタイプです。

このステージも、マンネとして兄たちのもと耐えるのが本当にきついものだったのが想像できます。

また、同じインタビューでは、この紅白歌合戦を最後に、東方神起としてのスケジュールが何も先になく、素晴らしい舞台に立つのも確かですが、

それが最後という事で悩んで苦しんだ事も言っておりました。

ユノも同じように、一緒のインタビューで終わりをこの紅白歌合戦で認めたくなかった、やっとここまで同じ一個の夢をみんなで追いかけたのにと、辛い気持ちを語っておりました。

そして、その最後を認める事が嫌だったので、それがわからないように悲しい顔もしないようにしていた事も言っておりました。

ユノはずっとトンのリーダーとして他のみんなを引っ張ってきており、その立場からしますと、一番最後になるのがショックなのは彼だったかもしれません。
[スポンサーリンク]


このステージの時、本当にギクシャクしている5人を見るのは辛かったですね。本当にいつでも礼儀がある事で知られる5人ですが、

関係者ら、記者の方等にも、会釈も何もなく、ただ下を向き歩いていったとの様子も語られておりますね。

また、最後の紅白歌合戦のステージ終了後も、普段であればお客さんへの一礼はあったものですが、この時ばかりはチャンミンは一礼もできず。

この紅白歌合戦でのチャンミンの態度に関して、やる気が感じられないといった指摘をされる方もおられるかもしれませんが、

本当にチャンミンはペンの事も一番に考え、礼儀も誰よりもなっている人物です。

つまりは、それほどのショックがチャンミンを襲っていた、という事なのでしょう。

楽屋も隔離、常に別のスタッフがつき、そこにいるだけでひしひしと最後になる、という事が感じられる場だったでしょうが、チャンミンたち5人はどのような気持ちだったのでしょうか。

先ほど書きましたように、トンとして彼らは、この紅白歌合戦の昨年である08年にも、紅白歌合戦に出場しておりました。

この紅白歌合戦の彼らの様子の変化についてが話題になりますのは、この昨年の出場と比べ、あまりにギャップがあるため、というのもあるのです。

本当に、08年の時にはすごく仲良さげにみんなでいたのです。それが、今回話題の紅白歌合戦ではまるで葬式とも取れるような暗い雰囲気。ペンとしてもあまりにショックです。

東方神起の最後の紅白歌合戦.jpg

ちなみに、このステージでは当然ながら、直前のみんなでのトークなども無かったわけなのですが、このステージの後、5人は次の生放送のために赤坂のスタジオに移動しておりました。

そこでは、紅白歌合戦の時よりは落ち着いた雰囲気になったそうなのですが、昨年の1年のトンの映像が出た際、JYJの三名は顔を合わせたり笑い合うなどしており、

ユノも笑う事はなくとも歌を口ずさむ程度の反応はしていたのですが、チャンミンは表情もなくただ画面を見ていたそうです。

どうしても、JYJはトンから抜ける側なので、ホミンよりは前に進む気持ちがありますので明るくもなれるのでしょう。

ステージ後にもJYJの三名は礼をしておりましたし。ただし、この雰囲気はやはり特に現在のホミンペンからしますと、チャンミン同様怒りがわくのもわかります。

結果的に大事になってしまったという側面もあるでしょうから、直接仲たがいしたわけでもありませんし、ただJYJ三名を責めるのもいけませんが。

何にしても、今回は最後の紅白歌合戦を中心に取り上げ、あまりぶり返したくない方もおられたと思いますので、お詫び申し上げておきます。

さて、本日は東方神起最後の紅白歌合戦!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:音楽