So-net無料ブログ作成

カテゴリー:東方神起

東方神起 ブログトップ
前の1件 | -

東方神起のユノとチャンミンの恋愛観について [東方神起]

こんにちは、東方神起、韓流大好きのまつです。

[スポンサーリンク]


本日は東方神起のユノとチャンミンの恋愛観について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回はすでに公開されている東方神起のユノとチャンミンの過去の恋愛に関する情報を参考にしながら、東方神起のユノとチャンミンの「恋愛観」について独自に考察していきます。

具体的な二人のご結婚や好きな女性のタイプに関する考えなどについては、こちらの記事に詳しくまとめておりますので、よければご覧ください。

(東方神起ユノとチャンミンの結婚の事!好きな女性のタイプからも考察)
http://matsu628-toho.blog.so-net.ne.jp/2018-02-16
ユノとチャンミンの恋愛.jpg

■考察①東方神起ユノの恋愛観について

まず東方神起ユノのリアルな恋愛話って、ただの噂はあるものの、あまり多くは聞かないと思います。

ちなみに今までにお付き合いした人数は三人だと言われてます。

さて、チャンミンもそうですが、この過去の恋愛の事実にすでに嫉妬が止まらないといった方もおられるかもしれませんが、個人的にはある程度の恋愛はしていた方がいいと考えます。

東方神起ユノだって一人の恋愛観を持った人間ですし、現実に付き合った事があるからこそ、リアルな恋愛観のある歌も歌えて、演技力なんかにも磨きがかかるものだと考えるからです。

ただ、東方神起ユノの恋愛観にも関わるのか、昔からイケメン男子だった割には経験は少なめに思えます。

これについて、東方神起ユノの恋愛観は、一言で言えば硬派だと自分は思ってます。

例えば、昔から東方神起で一番「女好き」なのは誰かといった議論の中でも、たいていの場合いつも東方神起ユノが一番「女遊びしていない」という評価をされてきたものです。

まあ硬派というよりも、異性についても男として女を見る感じではなく、みんなを平等に仲間として扱うタイプという方が正しいかもしれませんね。

では具体的な東方神起ユノの過去の恋愛話から恋愛観を洗ってみましょう。

東方神起ユノの恋人と言えば、有名な話で、まず「練習生時代の彼女」の事がありますね。

東方神起ユノが十五歳くらいの時の彼女だとされてます。その彼女は一般人で、芸能人志望な方ではあったらしいです。

しかし、その時は芸能人である東方神起ユノのために恋愛を諦めた、東方神起ユノも諦めざるを得なかったという事で。

確かに芸能人と恋愛するということは、私生活の上でも一般人的な自由がある程度制約されるかもしれず、人によりますが、いろいろな理由からかえって幸せになれないケースもあります。

そこで東方神起ユノの恋愛観として、相手を尊重するので、ここで別れる選択に至ったのもわかりますよね。

ちなみにこの時の苦い別れの経験は、東方神起ユノの恋愛観にとって大きな糧になっているようで、

「次に付き合う時は芸能界をやめても良いほどの能力がある時にしたい」といったお話までされてるんですよね。

相当その方の事が好きだったのでしょう。ペンとしては羨ましい気持ちにもなります。

さて、こういった所からは本当に恋愛に関して硬派なんだなと思いますね。軟派どころか硬派の中の硬派、かなり真面目な恋愛観だと思います。

そしてこの恋以降、残り二人とも付き合った事があったらしいですが、それはデビュー後になりますね。

その、東方神起ユノのデビュー後の恋愛については、今の所完全に謎のベールに包まれております。
[スポンサーリンク]


前にテレビでこのデビュー後の恋愛について、「告白して付き合ったが忙しすぎて振られた」といったお話をされていた事はございましたね。

これだけしっかりとした恋愛観を持った東方神起ユノ自らが告白する女性というのも見てみたいものですが、確かに現実問題として忙し過ぎるから上手く付き合えないのもあるでしょうね。

東方神起ユノはただでさえ常に忙しそうに思います。

プライべートでさえ以前からボランティア活動に参加するなど多忙で、確かに恋愛観として一人の女性だけにたっぷり時間を取る事はできないかもしれませんね。

そう言えば、デビュー後の東方神起ユノの恋愛観がわかるエピソードとしては他にも、夜中にずっと恋人に電話している?といった情報もありましたね。

その相手が本当に彼女だったのかどうかはわかりませんが、要するに東方神起ユノの恋愛観はそんな感じで、下手にリスクを負って会うような事もせず電話のように、守りの意識が強いように思います。

リーダーとして守るものがあって、責任感も人一倍強いからこその恋愛観だと思いますね。

それと、「芸能人らしくしたくない」といった質素な考えを持っている東方神起ユノ。

これは恋愛観の上でも変わらない信念のように感じられ、賢明な冷静さも感じます。

韓国では日本以上にパパラッチ等の執念もすごいと聞きますし、デートなどしようものならあっという間にいい餌になるでしょう。

こういった徹底した欲にかまけない硬派さは、実際ここまで十年以上もの間何の恋愛スキャンダルもなく、変な噂も無いという状況を生みました。

まあネガティブな話題としては、あの金髪女性オギの一件などはあるものの、それについてもこの一点に話題が集中するのもまた、他にやましい事がない証拠。

最後に、東方神起ユノの恋愛観について、彼は恋愛観として「好きな人にはとにかく全てをかける」といった発言をされた事もあります。。

ちょっと天然な所もあるのが魅力で、しかし精いっぱい男らしい東方神起ユノの恋愛観の考察でした。

ユノチャンミン恋愛.jpg

■考察②東方神起チャンミンの恋愛観について

東方神起チャンミンの恋愛観については、ユノとは逆の所があると思います。

つまりチャンミンは軟派、という事ではないのですが、一言で言えば「やんちゃなお兄ちゃん」というか。

例えばチャンミン、五人時代から東方神起のメンバーの中で「誰が一番いやらしいか」といった議論になると、一番と言われる事もありました。ユチョンやジェジュンに並んで。笑

とは言え、チャンミンの場合は怪しいエロさという事ではなく、健全な中学生男子のようなエロさで。笑 

よってかえって好感度が高かったり。

東方神起チャンミンは五人時代から常にマンネで弟でした。よってつい「兄に後からついていく」ようなイメージもしてしまいますが、チャンミンは実際の家族では妹のいる兄。

そこはユノとも同じで、チャンミンも恋愛観として女性をリードする力も充分に持っているように思われます。

恋愛観について二人の違いを挙げれば、ユノは冷静さ、チャンミンは健気さが前面に出ているような感じでしょうか。

ちなみにお二人、それぞれ好きな色はユノが青、チャンミンが紫とされますが、何となくこの色のチョイスにも、そういった恋愛観の違いが見えるような。まさにそんな感じです。

さて、では具体的な東方神起チャンミンの過去の恋愛話から恋愛観を洗ってみましょう。

これまたチャンミンについてもはっきりした情報はあまり残されてないのですが。ただ少なくとも一つ言えそうなのは、ユノと比較すればチャンミンの方が、過去の恋愛数は多そうだって事。

その意味では、完全硬派な感じのするユノからすれば、チャンミンは軟派だと言っていいかも。

例えば東方神起チャンミン、以前呪文のアルバムの時に韓国における「レコード大賞」を取り号泣した事がございましたが、

その涙の理由について後に語った際につい言ってしまった一言に、「今までの彼女「たち」を思い出して・・」というものがありました。

まあ確かに現実的に考えて東方神起チャンミンほどのイケメンがモテないわけはないのですが、アイドルでありながら大衆の面前で平然とそんな事を言ってしまうなんて、大胆。

しかしながら、このいかにも素直な所が、東方神起チャンミンの恋愛観の良い所でもあると個人的には思ってます。

思えばチャンミンは毒舌家として知られ、11年のインタビューでは平然と「10か月前まで彼女がいた」と発言したり、

自分のペンに平気で「彼氏を作った方が良い」と言ったりと、常に大胆ながら、ここまで素直になれる人ってすごいとも思わせてきました。

こと恋愛観の良し悪しを考える上では、嘘をついたり偽りがあるタイプの男性よりかは、チャンミンのような人の方がよっぽど信用できると経験上思います。
[スポンサーリンク]


そして実際に、これだけの発言などをしていても、チャンミンの人気は揺るぎません。

他にもチャンミンは、「いいとも」で彼女がいなくて寂しいと意味深にほのめかしたり、ソロ曲「告白」のように過去の恋愛経験をモデルにした歌を平気で歌ったり、それでも人気は揺るぎません。

残念な事にチャンミン、このようなストレートな行動が、前に書いたようにMステに出た際の「態度悪い」噂のような負の面も残してしまってはいます。

チャンミンはユノに対する不仲アピールがあると批判された事なんかもありましたね。

チャンミンには、ユノのような無欲でストイックなイメージはあまりないかもしれません。

例えば、東方神起ユノはステージなどの際、必ずしっかりとその国や観客のことをリサーチし、

どうすれば良いか計算して自分を効果的にみせる研究をしているとされますが、チャンミンからはそこまでのお話は聞きませんよね。

でもだからこそ、ありのままの自分を出しているだけのようでこのクオリティー、という評価はチャンミンにはできるわけです。

これはまさに恋愛観にも当てはまる事だと思います。

男性にもいろいろなタイプがおりますが、言うなれば、しっかりと綿密にデートコースを決めてきてくれるタイプもいれば、

その場その場のノリが強いように思えても、実は能力があって機転が利くタイプなど、様々あるわけです。

みんな違った魅力がありますよね。

いつでも全てをはっきり言うようなタイプのチャンミンは、確かに事故ります。

でも、だからと言ってユノのように恋愛はこっそり電話で、その詳細はメンバーにも誰にも話さないというタイプもまた、ある種恋愛観としては秘密主義すぎると批判もできると思います。

ユノからは堅実な魅力を感じるのに対し、チャンミンからはありのままな魅力を感じるんですよ。

そう言えばチャンミン、ユノと比較して「面食い」である事もよく言われますね。

「だんだんと大人になって、もっと全体的な包容力も求めるようになった」といった発言もされているのですが、何だかもう素直で本当に可愛い。

さて、最後に、結局チャンミンには軟派なイメージを抱いてしまう方もおられるでしょう。

しかし、一つインパクトがあると個人的に思っているのが、チャンミンは「芸能人とは付き合わない」と徹底している事。

この事から、実はチャンミンも恋愛観としてかなり硬派なのでは、という気にもなります。

いえ、そうなのでしょう。

先に二人の恋愛観は真逆のような事を書きましたが、それは表面上のお話。お二人は人として一番大事な芯の部分で共通している事も多々あります。

つまりは、東方神起とJYJが分かれた事にも関わると思うのですが、お二人の恋愛観は全く正反対のようで、実は似ている所もあると思うのです。

それはズバリ、相手の事や周囲の事をしっかりと考えてあげられる事、だと自分は思ってます。

ユノとチャンミンのライブ.jpg

今までのチャンミンのペンに対する毒舌だって、結局は突き刺さるものがありましたし。笑

先ほどユノの恋愛観は精いっぱい男らしいと締めましたが、チャンミンだって魅力たっぷりな恋愛観の男性です。

■東方神起ユノとチャンミンの恋愛観を考察して見えたもの

何だか恋愛観の考察から、二人の絆も再確認できたような気がしますね。

お二人の恋愛観って、仮にお二人がカップルなら、最高にしっくり来るものでもあると思います。

例えば夫婦って、芯の大事にしている部分は似ていて、表面上は違う特性があるような二人が良い家庭を築けると自分は考えてます。

ここまで二人の恋愛観を考察すれば、やっぱりとってもお二人は恋愛観の上でもお似合いなのが見えてくるような。

例えば特にチャンミンは、彼女とのファーストキスの事なんかもうっかり話してしまうような所もありますし、今後また新しい二人の恋の話題や、恋愛観のわかる話題が出てくるかもしれません。

我々もいろいろと妄想も重ねながら笑、そんなお二人の恋愛観等の考察を楽しんでいきましょう。

さて、本日は東方神起のユノとチャンミンの恋愛観について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の1件 | - 東方神起 ブログトップ