So-net無料ブログ作成

キュヒョンのウギョルの相手!日本語

 東方神起のユノとチャンミンと韓流大好きブログ 

キュヒョンのウギョルの相手!日本語 [キュヒョン]

こんにちは、東方神起、韓流大好きのまつです。

[スポンサーリンク]


本日はキュヒョンのウギョルの相手!日本語について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回はキュヒョンのウギョルの話題です。

大きい所で、中国の女優の方との結婚シミュレーションの時と、メンバー数名と合コンした回がありますね。それぞれご紹介します。

日本語と調べる方が多いのは、他の番組もそうですが、基本的に日本の番組ではないので、それでもそれを観たい場合、日本語の訳などが必要なわけです。

日本語への訳をわからず何となく観ても全く理解できないわけではないのですが、できればしっかり日本語がほしいと思いますよね。

調べてみれば、けっこう多くの方が日本語として解釈しているものを公開してくださっております。

本当に日本語の訳が少しでもわかると感謝ですね。

ここでは、一つ一つ日本語に翻訳などしていてもキリがありませんし、ある程度解釈の範囲でされているものも見られたりしますので。

今回はキュヒョンのウギョルの味わいなどを評価し、彼という人物についての解釈を深める記事にしていきたいと思います。

キュヒョンのウギョルの相手と日本語.jpg

まずはキュヒョンのウギョル、中国の女優の方との結婚生活をシミュレートする回についてです。

まあそもそもウギョルに関して、他の企画でも言われますが、まずは賛否両論ありますね。

確かに、キュヒョンがウギョルは仮想の結婚世界とは言え、相当リアルにビジュアル化されますからね。

現に、日本語で公開されているものを調べても、半ば怒りを覚えている方もおられるようです。

まあ、ウギョル全体で言えばわかりませんが、今回のキュヒョンの相手だった方は本当に言い方でしたね。

逆にウギョルの相手の方の方にキュヒョンはこのような者ですが、と気を使ってしまいそうになるほど、いい方でした。

日本語で解説してくださっている他のブログなどを観ても、あくまでキュヒョンのペンの方からの視点ではありますが、今回のウギョルの相手との絡みは楽しげに観ていた方が多かったようですね。
[スポンサーリンク]


日本語にしてくださる方のブログなどを見ていると、ウギョルの相手の方に羨ましい、と考える方は多いようですが。

個人的にはウギョルの役割としては、確かによく考えれば誰得のような感じもあるものの。

このように視覚的にキュヒョンなどスターの相手との結婚生活、デート風景などを観られるという点で、自分のイメージと重ねたりして具体的に観られる点に良さを感じます。

嫉妬の目にどうしてもなってもしまいますが、逆にこのウギョルの企画のアイデンティティも十分わかるという感じでしょうか。

さて、ではその中国のウギョルの相手の方について、日本語での解説も兼ねて書いていきます。

調べれば出てきますが、ウギョルの相手の方は中国の女優の方で、シャオイーロウさんです。

この時は12年のバレンタインのスペシャルでした。英語、そして中国語で語られたこの回。そもそも中国の方、という点からもわかりますが、ウギョルの中国版のものでした。

キュヒョンと言えば、ギュラインでもお馴染みですが、歌はとんでもなく上手いと思いますが、どこかシンプルにかっこよくは行かず、トリッキーな魅力のある方だと思います。

特に、あまり相手の女性との絡みが得意ではない、というか自発的にやってもこなかったというのもあって、ぎこちない所があるのですよね。

今回のウギョルの相手の方はその辺りが慣れているような自然な方でしたので、かえってキュヒョンのそういった所が引き立ったような気もします。

それがたまらなく良かったです。

一つの番組ですし、日本語に完全にならず、こちらで何とか解釈しなければならないものでしたが、上にも書いた通り、映像で観て、日本語なしで何となくわかるのですよね。

キュヒョンのウギョル相手と日本語.jpg

後から何となく流してみていたワンシーンの日本語の訳がわかってみたりすると、想像通りの流れだったりもします。

大きく言えば、ウギョルの相手との、ピアノを弾くくだり、一緒に新居に行って料理をするくだりがあったと思います。

驚いたのは、キュヒョンのピアノ弾き語りは多少ぐだってもいたかもしれませんが、ウギョルの相手の方が本当にその行為そのものに感動していたという事。

そして自身も一緒にピアノを弾いていて、弾けるのかと感心した事がありました。

ウギョルの相手との最初の会うシーンのくだりの時の花束の渡し方が何だかてきとうなど、キュヒョンのぎこちない良さが出ていて非常にかわいいのですが。

最もウギョルの相手にブラックマンネを発揮したのが、料理をした時に、キュヒョンが用意したラーメンだったのに、完成後それがあまり美味しくない事がわかり。

しかもそれをウギョルの相手に投げ出すという部分。半分ネタなのですが、さすがは、と思いました。

逆にこのように相手の女性の前で飾らないのが、素直ないたずらっ子のようなテイストなのがいいのですよね。

逆にイケメンで、完璧で気取っていたりすれば、かえって作り物のようであまり良くないでしょう。

ウギョルでのお姫様だっこをして相手を運ぶシーンなども、とにかく大変そうで、大丈夫かと心配になる気持ちが大きかったです。

かえって自然にウギョルの相手と仲が良さそうにしている所が観られて良かったですし。

ペンの方ですと、もし自分が、と置き換えてみて想像などしてみるとして、やはりありのままの人物なのが嬉しいですよね。

裏がないと言いますか。整形すら自ら思い切り暴露してネタにしておりますし。

日本語ではないのですが、いつものキュヒョンです。

日本語に全てなっていなくても、その仕草や表情、その全てが語っていて、観ていても勝手に我々の頭の中で日本語になっているかのような、そこまでの親近感がわきましたね。

キュヒョンウギョル相手と日本語.jpg

別に難しい事をしているわけでもないですし、わざわざきっちりウギョルの相手との事を日本語に訳す必要はないかもですね。

こういった時にナチュラルに観ているだけで本当に日本語に変換できるスキルのある方は羨ましいです。

このような時に、自分も日本語にするために勉強しておけば良かった、などと考えてしまいますね。

まあキュヒョンも素直な方で、やっている事もわかりやすいですし、そこまで深く日本語を考える事もなかったかもしれません。

かえってちょうど良かったでしょう。

さて、この相手の方との話題が長くなってしまいましたが、他にウギョルの相手との合コンの回もありました。

彼のウギョルを調べればこの相手との回の事もよく出てきます。

グループで気に入った女性を相手に選び、車でエスコートしたり、ボーリングをしに行ったりデートするものですね。詳しくは日本語にも解説しながら観た方の記事などがあります。

総じて言える事は、本当にキュヒョンは可愛いという事です。

ぎこちない、と観ていて思う部分かもしれませんが、全くもって素の感じがたまりません。

元々ダンスがそこまで上手くないなどと言われてもきましたが、メンバーの中ではそこまで運動能力もある方ではないです。

よってデートの時もボーリングでこけて、その上でガーターになる一球など、全くもって素です。

でも、ブラックマンネの要素もありますが、いつでも真っ直ぐに自分を出す所が本当に共感できます。

嫌なものは嫌、としっかり考えている所もいいですね。そういった部分がなあなあの方の方が、いくら綺麗に飾っていても最終的に困ると思います。

さて、たいしたご紹介にならなかったかと思いますが、これでキュヒョンの魅力の理解もさらに深まった事と思います。

これからの素直なブラックマンネにさらに期待ですね。

さて、本日はキュヒョンのウギョルの相手!日本語について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:音楽